お風呂のお湯とアヒル隊長
湯船に浮かぶ花びら
清潔な浴槽

ガス給湯器の都市ガス用とプロパンガス用の違いとは

ガス給湯器のガス種に注意!

一般家庭で使用されるガスの種類は、都市ガスとプロパンガスの2種類です。

ガス給湯器はこのどちらかを使用してお湯を沸かしますが、都市ガス用とプロパンガス用の給湯器ではバーナーの仕組みが違います。

そのためそれぞれ別々の専用の給湯器が用意されており、機器に対応していない種類のガスを流し込むことは原則として禁止されています。

都市ガス用とプロパンガス用の給湯器は、何が違うのか

プロパンガスは都市ガスよりも圧力とカロリーが高いので、プロパンガス用の給湯器に都市ガスを流し込んでしまうと炎が点火しなかったり、点火したとしても小さい炎しか出すことが出来ません。

逆に都市ガス用の給湯器で、プロパンガスを流し込んでしまうと不完全燃焼を引き起こしてしまい赤くて大きな炎が点火されてしまいます。

どちらにしてもガス給湯器に合わない種類のガスを流し込むことは機器に負担がかかりますので、とても危険なのです。

給湯器を交換する際にはガス種を確認しよう

安全に温水を利用するには、そのガスの種類に適合している機種を取り付けることが必要です。

ガス給湯器を新たに取り付ける場合は、その住宅に供給されるガスの種類が都市ガスなのかプロパンガスなのかを充分に確認しましょう。

もし、プロパンガスだったけど最近都市ガスが開通したので乗り換えたい!といった場合はどうでしょうか。

この場合はメーカーに連絡すると部品を交換してもらえますので、ガス種が変わっても安全にお湯が使えます。

この改造はメーカーか指定業者でなければできませんので、自分はできません。

間違えないようにするために施工会社に取り付けてもらう場合は、信頼できる会社に依頼する必要があります。