お風呂のお湯とアヒル隊長
湯船に浮かぶ花びら
清潔な浴槽

給湯器の寿命と故障の前兆とは

給湯器の寿命

一般的に給湯器の寿命は、それぞれのメーカーや種類によっても耐用年数が異なりますが、約10年とされています。

この寿命とは、それぞれのメーカーが標準的な条件で、安全上問題なく使用できる年数のことを指しています。

あくまでもこの数字は目安であり、これより早く使えなくなってしまうこともあれば、耐用年数を大きく超えても使うことができるものもあります。

10年以上使えるケースも多い

ノーリツやリンナイやパロマなど給湯器の大手メーカーは、給湯器の交換時期の基準を10年としています。

しかし、実際では15年を過ぎても何の問題もなく正常にお湯を使える場合もあり、中には20年近く使えたというケースも少なくはないのです。

もちろん機械なので個体差もありますが、何故ここまで差が出るのか理由はいくつかあります。

一番の理由は部品の消耗具合によるもので、給湯や追い焚き、床暖房などお湯の使用量が多い家では給湯器がたくさん稼働しているため、損傷が早くなるということです。

反対に、使用方法が間違っていれば給湯器の寿命は短くなります。

よくある例としては、給湯器の本体周辺や前面に障害物があり、排気がうまくいかなくなるというものです。

また、お湯や水を通す配管に凍結防止処置が施されていない、処置をしていたが劣化して意味をなさなくなっていたというケースもあり、冬場に配管が凍結して破裂したというトラブルは毎年冬になると必ずといっていいほど発生します。

給湯器は消耗品である

給湯器は正しく使用し簡単なメンテナンスを行えば、長く使用できる可能性があります。

しかし、基本的には消耗品です。

そのため不具合が発生したら、無理に使用せずに修理や交換をするべきと言えます。

給湯器が故障するサイン

給湯器の故障の前兆としては、蛇口から出るお湯の温度が上がったり下がったりして一定にならない、お湯を出す際に大きな着火音がする、お湯張りはできるけれども設定温度よりもぬるいなどの症状が挙げられます。

特に長く給湯器を使っている場合には、お湯の温度が定まらなくなったり、異音が発生したり、気になる故障のサインが出てくるケースがあるでしょう。

すぐに使用を中止すべき、危険な症状

様々な症状がありますが、その中でも給湯器から煙が出ている場合には、不完全燃焼を起こしている証拠です。

そのまま使うとかなり危険なので、継続して使うことは控えた方がよいでしょう。

また、急に熱いお湯が出るようになった場合、火傷の危険性だけでなく心臓に負担がかかる場合もあります。

修理で対応できるの?

あくまでも目安ではありますが、設置してから7年以上が経過している給湯器であれば、修理や交換の両方を視野に入れて検討する必要があります。

何故かというと、故障個所によっては修理で安く済む場合と、そうでない場合があるからです。

壊れた部品によっては修理費用が高額なので、10年経ってなくても交換が推奨されるケースもあるのです。

完全に故障してしまう前に、故障のサインをキャッチしたうえで早めの修理や交換を検討しましょう。